ファミリーマート:参加意欲を高める3つの工夫で『#やっぱりファミチキ』がトレンド1位を獲得

株式会社ファミリーマートは、2020年3月3日(火)~3月23日(月)に店頭で開催されたファミチキ大感謝祭と並行して、10万人にファミチキが当たるインスタントウィンキャンペーンを3月3日(火)より10日間実施しました。 キャンペーン開始当日に日本のトレンド1位を獲得した本施策には、Belugaキャンペーンのインスタントウィン機能が活用されています。

3月3日「#ひな祭り」を抑えてトレンド1位に

キャンペーン開始当日の3月3日は「#ひな祭り」「#ひなまつり」「桃の節句」などがトレンド上位を占めている中、10:00の開始以降徐々に順位を上げて11:30頃にはトレンド1位になりました。

キャンペーンハッシュタグのトレンド入りを目指すためには、RT数ではなくハッシュタグのツイート数を増やす必要があります。 そのため、今回の施策ではハッシュタグのツイートをスムーズに行えるようカンバセーショナルカードが活用されました。

またキャンペーン開始日のトレンド1位獲得だけでなく、2日目以降も参加数は右肩上がりで増加しフォロワー数も毎日増加しました。

このように大成功をおさめた今回のインスタントウィンでは、 ・はずれの場合も何度も楽しんでもらうこと(参加数を増やすこと) ・当選者のクーポン引換率を向上させること(来店率を向上させること) を目的に設計されたポイントが大きく3つあります。

1. はずれ限定のWチャンスキャンペーン

当たり・はずれのリプライに入れるURLを切り替えて、はずれの場合はWチャンスキャンペーンの応募ページへ誘導しました。 インスタントウィンは多くの参加者がはずれてしまうため、はずれた場合にも楽しんでもらえる設計となっています。

2. 毎時29分に当選数がアップ

前回のインスタントウィンは10日間毎日同じ座組みで実施していましたが、今回は5日目から毎時29分に当選数が増えるボーナスチャンスが設計されました。 その結果、特に5日目からの参加数増加が顕著となり最終日に最も参加が多くなりました。

3. 当たりのリプライを期間ごとに切替

当選者10万人にはファミチキ無料クーポンがDMで配信されますが、当選後に来店してクーポンを引き換えてもらうために、来店誘導に繋がるリプライを返信しました。

初日・2日目~9日目・最終日の3期間に分けてテキストを切り替え、ファミチキ新商品やセールの告知を行うことで来店するきっかけをつくりました。

様々な工夫により、本施策は多くの方が参加し大成功となりました。

recruit

「役立つギーク」新メンバー募集!

技術力はもちろん、
課題解決力や設計力など、
幅広い成長を目指す人に
最良の環境を追求しています。
ただいまエンジニア/ディレクター募集中!